転職5回の独身一人暮らしアラサー会社員がゆらゆら書くブログ

転職を繰り返した経験から仕事と人生をもう一度考えているブログです

MENU

ブログ始めて1ケ月、22記事、11月分、アクセス数どう伸ばすか

f:id:keyam:20190105121631j:plain



 

 

今日で、

はてなブログを書き始めて1ケ月が経ちました。

 

まずは、

仕事も転職を繰り返したり、

何事も挑戦は多いけど、

本当に飽き易い自分が

ブログを1ケ月毎日書き続けたことに、

 

 

「生まれて初めて自分で自分を褒めてあげたい」

 

 

と、

有森裕子 - Wikipediaさんの言葉までは行きませんが、

 

我ながらよく続いたと思います。

 
始めた当初の記事はこちら

11月Twitterの記事はこちら

keyam.hatenablog.com

  

気休め程度に、

少し経過を目てみます。

 

 

 

  

 11月アクセス全体像

・ユーザー  :235

・新規ユーザー:228

・PV数     :812

 

 

 

 読んでいただいた方、ありがとうございます。

 

 

 

・新規ユーザー、228  既存ユーザー、7

これが現実でしょうね、

定期的に見てくれているユーザーは7人のみですか。

 

本当にありがとうございます。

つまらない記事でも読みに来ていただいただけで感謝です。

読者登録していただいた7人のかたと数字が一致しています。

 

もっと、定期的に読みたいと思われる内容を書かないと、

厳しいですよねなかなか、

テーマが決まれば集まりやすいでしょうが。

 

時間帯、地域別、デバイス

・時間帯

 平日のゴールデンタイムと、

 日曜の昼以降にアクセスが多いですね。まぁ予想通りです。

 

・地域別

 これは、日本で当然です。

 グラフは載せていませんが、日本の地域別ですと

 東京、神奈川、大阪、の順に目立って多いです。

 この3つ割合は7割強ですか。

 人口多いので当然でしょうし、

 地域別商売をしていないので見ても意味ないですね

 

 

・デバイス

 これは、重要ですね。60%がスマホです。

 残り25%付近がPC、 15%がタブレット

 

 スマホで、見やすい記事を書く必要がある。

 

 まぁみなさんが言われている通りなんですね。

 本当に、至らずに申し訳ない限りです。

 

 

 アクセス動向

f:id:keyam:20181201155719p:plain

アクセス元

 

ツイッターからが半分弱です。

 


フォワーが160名程でして、たまに回遊していただいていると

いう認識で良いでしょうか。

 

はてなブログ検索やGoogle検索をあげて

見てもらう回数を増やしに行かないといけませんね。

 

やはり、SEO、検索キーワードに沿った記事も書かないと。

 

 

 

ブログ記事別

おそらく、アメブロツイッター経由で、

ブログTOP記事にリンクするので、

TOP記事がアクセスが多くなっています。

これは、どうしたら良いでしょうかね・・。

それを省いたTOP3を見てみます。

 

No.1

やはり、トレンドものについて書いた記事なんですね。


No.2

うつの話題は本当によく読まれるんですね。

それほどのストレス社会ということでしょうか。


No.3

これは、神戸マラソンの翌日にすぐ書いたんですね。

やはり、旬な情報は割とみてもらったんですね。

 

 

なるほど、振り返りは以上です。

 

  

これまでのデータはご存知の通り、

全てGoogleアナリティクスでの結果ですが、

細かい分析など行いたい人はこの本がおすすめです。 

 

 

 

 

今後は

11月は自分の体験談を中心に書いています。

ほぼ体験をもとにした感想の記事ですよね。

 

今後は、

何かを挑戦し成長していくものを書いていきたいですね。 

できれば万人受けするもの、自分も読者も為になるもの、

 

 

 

株、節約、カード、お得口座、マイルカードとか

 

 

やはりお金系になりますかね?

書いても自慢話みたいになってしまったり、

節約術や稼いだ話は、

あまり楽しくないんですよね自分なりに。

 

 

朝生などの討論、トレンドニュースや本の話は、

好きなんです。

 

何度も書こうとしましたが、

自分の理解度の薄さ、文章力の無さから

深い内容を伝わるように書けないんですね。

 

よってシンプルに単純明快になる。

こんなこと書きたかったのでは無いっとなって

途中でやめてしまうんですよね。

 

ただ、そうも言ってられないので、

12月はニュース、トレンド系を増やします。

 

キーワードを狙っていこう

 

以上、

最後まで読んでいただいてありがとうございます。