転職5回の独身一人暮らしアラサー会社員がゆらゆら書くブログ

転職しようが、独身であろうが、人生ゆるく好きに自由に生きましょう

MENU

転職面接質問リスト⑦エンジニアの逆質問の仕方

今度はこちらからの逆質問になります。

 

 

前回までの記事はこちら 

 

 

keyam.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

転職にリスクはつきもの(面接質疑編⑦_逆質問_SE編)

 

 

はじめに

 

さて、

面接官からの質問のあとは、

今度はこちらから質問しましょう。

 

あらかじめ確認することを

洗い出してカテゴライズしておきましょう。

絶対に質問がある出るはずです。

 

 

逆に、質問が出てこないと言うのは、

 

 

自分が、

業界、企業、職種、仕事内容、待遇、福利厚生など

の理解度が低い可能性があります。

 

 

 

転職後の中途採用者というのは、

  

未経験の仕事でも新卒同様に手取り足取り教えてもらえる 

ということは皆無です。

 

わからないことは自分で洗い出して、

 

人に聞いたり、調べ上げ、

 

何かしら自分の行動で解決していかなければならないのです。

 

 

 

 

自分が入社したい会社の仕事内容ぐらい事前に調べてきて

確認することが当たり前ですよね。

 

 

 

 

何をどう質問すればよい??

基本的には、

面接官から自身が聞かれた、仕事内容など商流など詳細を、

自身が調べてきた内容と相違が無いかを質問すれば良いです。

そんなに難しいことではありません。

 

大手の転職サイトの、

逆質問でアピールする方法なども記載されていますので確認しておくと良いと思います。  

  

下記から、

今回はエンジニアが転職する際の

事前に把握すべき内容を書いていきます。 

 

 

 

エンジニアへ転職時に把握した方が良い内容

 

下記のことは把握しておいた方が良いです。

調べてもわからなければ質問して見ましょう。

しっかり理解して、

具体的に働くイメージをつけておきましょう。

SEなどのエンジニアの場合は、

 

案件規模によって、

大きく業務内容は異なります。

 

事業領域、開発環境、関わる人などを確認

 

・会社の企業の事業部構成、組織体制

・自分の所属部署の領域

・エンジニアの総人数と自チームのメンバー人数、役職、年代、男女

・総従業員数とエンジニア数と売上

 (一人当たりの売上低→と2次請案件多い、立場弱い)

・リーダーの平均年齢

・社員の平均年齢

・開発案件、業界、誰宛てのどのシステムなどが主か

・ベンダーパートナー案件とフェーズ

・主要取引先(ベンダーやSIばかりではないか)

商流、1次請、2次3次請

・受託開発の有無と案件数、規模

・契約形態は、派遣か準委任契約

・プロジェクト案件の指揮体制は、

  自チーム長→メンバか、顧客担当者から直接か

・フェーズはどこからどこまでの案件が多いのか

・プロジェクト期間平均など

・今後の注力案件

 

 プロジェクト環境や技術のこと

 

・1日のタイムフロー 

・使用言語、OS、フレームワーク、ツールなど

・開発手法など

・月あたりの残業時間、繁忙期など

・夜勤、休日の呼び出しなど休日出勤

・下請や協力会社のマネジメントの有無

・コンペなど有無

・接待の有無

 

 

 評価関連・キャリア・教育・その他体制のこと

 

・エンジニアはどのような評価制度か、

 どうすれば給料が上がるのか。

 (SESはエンジニアの給料なんか上げる気は無い)

 

・1次評価者、2次評価者は

 (営業が評価に関わってくる会社はNG)

 

 

・社内教育制度、

 資格取得報奨金など月給+資格手当など

・入社後の研修内容、フォロー体制なのか

  

・万が一の待機期間時はどうなるか

・待機期間時の給料減は

・会社所定時間とオンサイト所定時間が異なる場合の

 時間計算方法と、給料+残業代。

 

 

 

 

このような感じでしょうか。

ざっと書きましたが、

この辺りは、必ず押さえておいた方が良いと思います。

 

 

次回以降は、

内定後の福利厚生面、給与面など

 

を書いていけたらと思います。

 

以上、

長文失礼たいました。

このような自分の経験や体験が、

誰かの 何かの為になれれば幸いです。

読んでいただきありがとうございます。

 

 

 

 

少し古いのですが、

初めて転職する人はこの本1冊と、

あとはインターネットで調べればいくらでも

ノウハウは出てくると思います。