転職5回の独身一人暮らしアラサー会社員がゆらゆら書くブログ

普通に生きるなら転職繰り返してもどないでもなりますよ人生気楽に楽しくいきましょう

MENU

私がオススメしない業界

f:id:keyam:20181219205324p:plain

 

この業界はやめておいた方が良い

 

はじめに

自分のIT企業の経験から、

労働力提供型のビジネスモデルは私はお勧めしません。

もうすでに知り渡っているでしょう。

ITの他にも、人材派遣にBPO特定派遣などもそうですね。

ゼネコンの施工も同じ構図でしょうか。

 

なぜならば、

商品が技術力であり、人月単価、

人が値段のビジネスだからです。

 

私のことも雑にいうと

大手ITSI→中流ITSIと数回転職してきました。

企業の格でいうと、若干の都落ちした身分ではあります。笑

職種は文系SE→保守→営業→導入と経験

アラサーになって、ITが嫌いになってきた所存です・・・・。

まぁ見る人が見て、書いている内容とか見れば、

こいつ大した経験してないなとかもわかるでしょうが。 

ITも人材ビジネスと構造は同じなのです。 

 

今日は、ざくっとしていますが、

自分のツイートを振り返りってみようと思います。

 

労働集約提供型ビジネスはおすすめしない

 

これは、考えれば当然です。下請けだからです。

企業の目的は人件費を削る為に外部に発注する訳です。

だから、企業側のコア業務ではない定型的な部分は、

切り離して外部に発注するの世の中の流れですね。 

人材不足ですから、削れるところは誰かにやってもらった方が基本的には良いのです。(もちろん内製化する企業もありますが)

 

 

これは私の常駐先で知り合った知人のことを言っています。

知人は大手BPO会社でしたが、給料もやっている仕事もレベルが低かったですね。正社員がやるレベルではないうような誰でもできるようなレベル。自社でノウハウを蓄積する必要のない部分の仕事なので外部に発注したいのです。

 

人材不足がこのビジネスモデルを拡大させてSES企業や派遣会社やBPO企業が本当に乱立してますよね。このような会社増えれば増えるほど給料格差が広がると自分は思っています。

発注する企業は実に都合が良いのですが。

 

自社商品を持つ外資大手企業の年収格差

 

これは、当然の仕組みですよね。昔の製造業的なビジネスモデルですが、ITでも自社パッケージが強力な商品の企業は本当に年収が高いです。売れた分だけ売上上がりますので。

 

上記の外資大手IT企業などは年収数千万円プレイヤーがわんさかいますし。自分が協力会社として仕事をもらっていた外資企業は社員の平均年収が1000万余裕で超えていますからね。同じような仕事をしてても仕事を貰う側与える側でこの格差なのです。わたしはその半分ぐらいでしょうか。資本主義ですね。

 

  

 

自社の強力な商品があれば、同じ社員数で売れば売れるほど利益出ますよね。当然作る人件費もかかりますが。

 

しかし、労働力を売上にする企業は、

同じ社員数で売上を伸ばすことはほぼ不可能です。

人が商材ですから。

 

ですから定期的に人を雇っては、

案件に送り込み、売上-人件費で利益をあげる。

従業員の給料をあげると利益は低くくなる。

 

しかも人数を増やさないと売上は上がらない。

営業マンや本部系の従業員以外の給料はあげられない。

 

この負のスパイラルだと思います。本当にラットレース。

これが今の大手以外のSI企業や、SES、人材派遣、BPOの負のスパイラルだと思います。下へ仕事を投げる負のスパイラル。

 

今は、その構図が嫌気がさして、導入系の仕事に逃げました。

まだましです。

 

 

ビジネスとしては、儲かると思います。

営業も大変でしょうが、

客先で安定的に働いてくれたら毎月会社に勝手にお金が入ってくる自動販売機のシステムですからね。会社は儲かる。

自分も起業するなら、人材紹介や派遣系やってみたいですね。

 

 

 

これは、さっきと同じようなことうだうだ言っています。

 

 

我慢して短期的なステップアップには良いかもしれないが

この業界は給料を上げない代わりに、

スキルアップや資格手当や社内勉強会や交流会、福利厚生や働き易さを売りに求人広告を作り上げます。(自社もそんな気が・・・・)

 

 

 

これは少し極端ですが、未経験経験者は資格などを取ってもらい、

フォローしてくれる企業や自社社員がいる企業へ送り込まれます。

送り込まないと売上になりませんが、変な人も送り込めないので営業も大変です。本当にきつかった。

 

 

 

これは、私の営業時代は運良くそういったことはありませんでしたが、常駐する立場の人間は特にきついみたいですね。

 

いかんせん、お客様先に入った瞬間に商品ですから金の分のスキルであったり人間面、一緒に働くメリットがあるかないか見られる訳です。当然スキルがなければ撤退される、スキルがあっても気にくわないと政治的に排除とかもあるみたいです・・・。

 

私がSEの頃で雇う立場の時も、どうしても人がおらず、

いつもとは違うパートナーさんに発注したのですが、

全くスキル不足で追い返したこともあります。

 

ただ、スキルと求める人材などもマッチして、お客さんの環境も良かったり、政治的にうまくけば、働く場所を選べるいい面もあるかもしえませんね。長期的なキャリアアップは望めませんが。

 

 

さいごに

 

以上、

駄作で申し訳ありません。

 

以前うだうだツイートしたものをかき集めて、

IT業界やこの構図のぼやきをうだうだ書いてしました。

駄作中の駄作です、しばいらくして消すかもしれませんが。

じかんがある時に本格的にまとめれば良いのですが。

やりがいはありますがオススメしません。

わかる人にはわかっていただける内容かと思います。

今度時間がある時にまとめたいと思います。

読んでいただきありがとうございます。