転職5回の独身一人暮らしアラサー会社員がゆらゆら書くブログ

転職しようが、独身であろうが、人生ゆるく好きに自由に生きましょう

MENU

【転職】WEB面接や動画撮影で気をつけるべき6つのこと

f:id:keyam:20190111212054p:plain

はじめに

最近は結構な確率でWEB面接や動画投稿選考が増えていますよね。

私も何回か経験しています。

お互いに、PC1台あればできる訳ですから、

応募者側は移動時間や交通費など負担が減り、

応募の障壁が下がります。

企業側も障壁が減ることから、

応募者数の増加が期待できます。

 

お互いのメリットが多い訳ですね。

 

今日は、自分の経験から、

WEB面接時の注意点を書いていきます。

 

 

 

 

【転職】WEB面接や動画撮影で気をつけること

 

 

WEB面接のパターン

いくつかパターンがありますので触れておきます。

 

①PCやスマホで場所は自由のケース

 これは、そのままです。

 どこでもいいので、自分の好きな場所で、

 スマホやタブレット、PCのインカメラ機能を利用しての

 WEB面接です。移動もないので楽ですね。

 オフィスの立地面や雰囲気などは見れないデメリットはあります。

 

②企業側に訪問して、他拠点の方と面接するケース

 

 これは、最寄りの拠点に訪問し、

 訪問先から別拠点の上司、人事などと面接するケースです。

 訪問するので少なからず雰囲気もわかりますので、

 お互いにメリットはありますね。

 

 

③動画撮影による動画選考のケース

 

 面接ではありません。

 書類選考通過後や書類選考込みで行う企業もあります。

 基本的には、「自己PR」「志望動機」などを

 動画で話したものを企業側に提出する形式です。

 約1分〜3分でスピーチさせらました。

 

 企業側は見栄えと声、口調や雰囲気で事前に

 選考したい意図があります。

 

 営業や接客、コンサル系の仕事でこのパターンを、

 取り入れている企業が多いようです。 

 

 

以上、

これらをパターンを前提に、

次は実施する際の注意点を見てみましょう。

 

 

WEB面接、動画撮影で注意する点

1.明るさ

  基本的には画面越しは暗く見えます。

  特に自宅PCでやる場合は、光の角度を確認しておきましょう。

  逆光でくらい表情になったり、

  光自体が足りていない場合もありえます。

  必ず事前にインカメラで自分を写してみて、

  光加減を確認しておきましょう。

 

2.目線、画面を見ないカメラを見る

  これは結構やりがちなことです。

  面接前は意識していても、始まると無意識に

  画面ばかりみてしまします。気をつけましょう。

 

 スマホ・タブレット・PCの場合

   画面越しの面接官を見がちですが、

   カメラをみましょう、面接官と目が合いません。

   印象は下がります。

  

 企業先設備の場合

   これは訪問先企業環境によっては、

   TV画面の上などにカメラがある場合もあります。

   その場合はカメラを見上げる姿勢になり、

   顎が上がり、偉そうな態度にみられがちです。

   顎を引いて自然体を意識しましょう。

 

3.音声のバランスに気をつける

  これは、事前に自分の声をスマホで録音してみて、

  機械上での自分の声を把握しておきましょう。

  基本的には、こもりますし、ガラガラ声に聞こえます。

  いつも以上に、ハキハキ話すようにしましょう。

 

4.周囲の背景は丸見え、白系で印象良く

  自宅などでのWEB面接をする場合は、

  背景はなるべく壁のクロスにしましょう。

  面接官の立場からすると、相手の顔以外が

  画面上に映るのは気が散りますし集中できません。

  当然印象は下がってしましますよね。

 

5.スマホ・タブレット・PCのメールやSNSの通知音

  これは、自分も失敗してしまったことがあります。

  自宅でWEB面接の時にメール通知音を消すのを

  忘れていました。些細なところでマイナス印象を、

  与えないように注意しましょう。

 

6.その他、コツなど

 スマホ・タブレット・PC、自宅編

 カンペはカメラ付近に貼っておき、

 目線をできる限りカメラ目線にしましょう。

 

 企業訪問WEB面接時

 履歴書、職務経歴書、逆質問リストは髪で出力して、

 机に置いてカメラ越しに見えないように置いておきましょう。

 もちろん、下ばかり見るのはNGですカメラ目線を、

 意識しましょう。

 

 

さいごに 

 

以上、

いかがでしたでしょうか。

 

私は声がこもったり、ガラガラに聞こえたりと、

WEB面接は楽ですが何かモチベーションが上がりませんでした。

 

会社訪問して、周囲を観察することも

面接や営業のモチベーションや刺激の一部でしたので、

まぁそこは人それぞれ対応しましょう。

 

些細なことですが、

読んでいただきありがとうございます。

何かの誰かの役に立てれば幸いです。

 

 

以下、参考リンクも貼っておきます。

boxil.jp

www.robertwalters.co.jp