転職5回の独身一人暮らしアラサー会社員がゆらゆら書くブログ

転職しようが、独身であろうが、人生ゆるく好きに自由に生きましょう

MENU

一度読んだら忘れない3つの読書術とは?【メンタリストDaiGo 動画紹介】

f:id:keyam:20190119235857j:plain



 

はじめに

 

私は、読書が好きです。

社会トレンド本や自己啓発本を中心に読んでいます。

読んでも忘れるのでノートを取ったりしましたが、

ノートも時間がかかるので続かなかったりと、

なかなか成果がでません。

速読などの本の読み方の本もいくつか実践しましたが、

なかなか、上手くできませんでした。

 

そんなところで、

メンタリストDaiGoさんのYouTube動画で、

「一度読んだら忘れない3つの読書術とは?」

これについて解説するされていましたので紹介します。

 

 

読んだ本を忘れない時間術

 

 

 

www.youtube.com

 

はじめに

本を忘れないようによむには、

 

本を読む前にやること

本を読んでいる間にやること

本を読んだ後にやること

 

この3つをやれば記憶に残るようです。

 

本を読む前にやること

 

 

 

人間は意味のあること興味をもつこと以外は脳は記憶に残さない。

人間の脳はパンクを防ぐためエネルギーを節約するために、不要なものを消去します。

 

つまり、脳に何かしらの興味を持たせる必要があるわけです。

 

ではどうすれば良いのでしょうか??

 

 

「読む目的を明確にする」が正解ですが、

これはなかなか難しいみたいです。読んだことも無い本に読む前の段階で目的を持つことは普通の人には難しい。

簡単な方法を紹介します。

 

目次からどんな内容が書かれているか予想しクイズ化する 

 

まずは、

目次を読んで、この単語の意味はなんだとか?

どんな内容を書かれているのか、自分で予測します。 

多分こんなこと書いてあるだろうな??

その程度で良いです。

 

次は、

そしてその予測をクイズの答え合わせをするように、

内容を見ていきます。予測があっているかどうかを確認する感覚で読んでいきます。

 

読み方は

目次のセンテンスごとにはじめの部分と最後の部分を読んで、

最後の結論が予測とは違う裏切られた内容であれば、

そのセンテンスのはじめから最後まで読みます。

予測通りであれば、読まなくて良い。

 

自分が予想している内容が裏切られた時に、

脳はより深い記憶に残るようになります。予想とは違うななにを書いているのか?という流れで自分にとって興味や意味のあることになるようです。

 

このように事前に目次の予測と答え合わせを行うようです。

速読術の本でも同じ事が書いてあった記憶があります。

 

 

本を読んでいる間にやること

 

読んでいる間は感動したりしても、

全て読み終わった頃にはもう覚えていない。

ほとんどの人がそうだと思います。

 

なぜなら、

人間は自分で体験したことしか頭に残らない。

他人の話は頭には残らない感動と体験しか記憶に残らない脳の構造だからです。

 

ではどうすれば良いでしょうか??

 

自分の言葉で感情が動いた箇所を要約し感想を書く

 

要約をしながら、感想を書くことをする。

 

例えば、

感動したり、共感した内容のページと一文をノートやスマホに書いて、その下に感想を感情をまぜて書いていく。

 

こうすることで自分の感情が混ざった感想によって、

本の内容も頭に残りやすくなります。

 

 

本を読み終わった後にする事

 

本を読み終わってからやるべきことは、

 

自分が書いたメモを見て、

そのメモを取った付近場所の内容をこれもクイズ形式で思い出そうとすることです。

 

理由は、

人間はインプットしている時に記憶に残るものではなく、

何かを思い出そうとする時に脳に記憶をするからです。

 

人に教えた方が覚えると言われている理由はまさにこれで、

教える時にインプットしたことや自分の経験を思い出そうとしてアウトプットすることで頭に残る仕組みだからです。

 

本のレビューや感想を人に話しアウトプットする

 

読み終わってから自分のメモを見ながら、

メモを取った付近の内容を思い出しながら本のレビューを書く。

 

メモをとった付近の内容も忘れている箇所があれば、

ここを5分ぐらいは少なくとも思い出す努力をしする。

 

ここがポイントで、思い出せないこどが悔しくなるぐらい粘って思い出そうとする事。そうすることで、思い出せずに本で確認した時にもどかしいという感情が入るため脳により記憶されやすくなる。

 

このようにレビューを書いていく。

レビューを書かないのであれば、同じように本の感想を誰かに話すなりして必ずアウトプットすることをする。

 

まとめ

 

読んだ本を忘れないようにするには 

読む前に目次をみて内容を予測し簡単に確認する
自分の感情と感想と要約をメモに取りながら読み進める
読んだ後はメモを見て内容を思いだしながらアウトプットする

 

 

さいごに

 

以上、

いかがでしたでしょうか。

 

私もこの動画などで実践していますが、

確かに頭に残ります。本当に効果抜群です。

 

前述の通り、

人にわかるように見てもらうと言う目的もあるので、

自分なりに文章も記事の構成もまとめたものをアウトプットしようとするからですね。脳はよくできているものです。

 

動画で音を聴きながら、

それをすぐに文章化できるので効果は高いですね。

 

この方法で、

インプットとアウトプットを繰り返して行こうと思います。

  

この記事が誰かの何かの役に立てれば幸いです。

読んでいただきありがとうございます。

 

よかったらTwitterもフォローもお願いします。

twitter.com


 

2000文字 1.5 h