転職5回の独身一人暮らしアラサー会社員がゆらゆら書くブログ

転職しようが、独身であろうが、人生ゆるく好きに自由に生きましょう

MENU

転職を否定・批判する人の特徴

f:id:keyam:20190121154542j:plain

はじめに

 

船と会社は一緒です。

船長は社長です。

船員は会社員です。

船長が船を動かします。

会社も社長が方向を決めます。

船員は船のルールに沿って働きます。

会社員も会社のルールにしたがって働きます。

 

自分はどんな船の船員として船の中ではどんな仕事をするのか。

仕事探しとはそれと同じですよね。

 

 

船が壊れそうになったり、

進行方向がわかららず遭難しそうであったり、

船のルールに疑問を持ってしまったり、

船員とどうしても上手く行かなくなったり、

もっと違う仕事をしたくなったり、

 

そうした時に、

船を乗り換えることはそんなに悪い事ですか?

 

f:id:keyam:20190121150951j:plainf:id:keyam:20190121150934j:plain

 

極端ですが、

穏やかな海を航海する船と

荒波で今にも沈没しそうな船と

どちらに乗りたいですか??

 

おそらく穏やかな船に乗りたい人が多いのでは無いでしょうか??

荒波で沈没しそうな船から乗り換えたいと思うことは悪いことですか??

 

悪いことでは無いと思います。

 

会社員となると途端に、

転職を批判的に否定的に見る人が多いことが不思議です。

 

この記事は、 

転職を否定・批判する人たちの特徴を書いてみました。

 

自分も知人などから批判否定は受けました。

「また転職したんか?」

会うたびにネタ感覚でばかにされていたように、

聞かれたこともあります。

 

 

転職失敗も成功も経験していますが、

繰り返した結果、

今の自分にはある程度は納得できています。

それも転職を繰り返した、行動した結果です。 

 

世間的に転職回数が多いことや、

転職に対して批判や否定的な意見に溢れていますが、

 

自分なりに、

転職を批判する人の特徴を書いてみました。

 

 

 

 

 

 

転職を否定批判する人の特徴

 

基本的に転職を批判否定する人は、

現状に満足していない人、

転職したかったのにしなかった人

行動できない人

意欲が無い人

少数ですが、満足している人

 

のどれかに当てはまると思います。

 

本当に今に満足している人は、

他人が転職しようがしまいが自分と関係が無い訳で、

批判も否定もする価値も無い訳です。

 

自信が無い

 

これは、今の不満や困難を自分の力で改善することさえ

自信が無い人ですね。新しいことをする勇気も無い人です。

その結果、なにもしないで諦めている人。

リスクを持って行動できる人が羨ましく思えるんでしょう。

 

 今の自分にそこそこ満足してしまっている

 

これはいい意味では生き方を決めたし、

折り合いの付け所ができた人と言えますが、

「もうすでに自分を諦めている」

とも言えますよね。

 

本当に満足している人は少ないでしょうが、

本当に満足している人は、余裕があるので応援してくれます。

他人がどうなろうと、妬みも羨みもないからです。

 

自分の価値観の範囲内に置いておきたい

 

意外とこのタイプが多いのです。

転職とは今までとは同じ環境、価値観から飛び出して、

新しい環境に行く訳ですから。

 

つまり、批判する人は相談者を

自分の価値観の範囲内に置いて置きたいと思っているのです。

 

極論を言えばマウンティングしたい人。

年収や待遇を今の自分より上に行かせたく無い人です。

 

自分の領域内に閉じ込めようする訳です。

 

そういう人に限って、上手くいかなかった時は、

「それ、みたことか」とばかりマウンティングしてきます。

そして、こちらが上手く行こうものなら、

「自分も転職してみようかな?」とか、言いだすんですよね。笑

 

友人等に相談してみる事で

本物の友人の選別がはっきりできると思いますよ。

 

バッサリ関係を切った人もいます。

友人には相談しない方が良いです。

 

 

そもそも転職したことが無い

 

これは経験が無いから、

外の世界に踏み込む勇気がないし行動できない人です。

当たり前ですね。

 

転職失敗した後悔が強い、成功経験が無い

 

これは自身の成功体験が無い故に、

転職することにネガティブな要素しか頭に無い人です。

勿論、転職することはリスクも運の要素も大きいのですが、

それを背負ってまで、何かを変える為には、

自分で切り開くしかありません。自分の人生です。

 

 

人間関係に満足している

 

これも、割り切りができている人はいいですが。

そういう人に限って、

「給料安いけど、人間関係はいいからね。」

が口癖です。人間関係が良いことに越したことはありませんが、

特にその人間関係の良さを活用して、

ビジネスを好転させる、給料を上げる為の行動さえしない人が多いですよね。

給料安いと愚痴だけは言いながら。

 

向上心が無く安定志向

 

これはダントツで多い傾向ですね。

いい意味では割り切りができている人が多いです。

もう今更、新しい環境で仕事するのも辛いよ。

長く務めてそれなりに楽に仕事できている今で良い。

これはこれで良いことだとは思います。 

公務員の知人はまさにこのタイプでした。

 

 

長く務めた(我慢した)ことに誇りに思っている

 

年配の方に多いです。昔はこうだああだ。

我慢の結果今があると言い切れるのであれば、

それは素晴らしいとは思います。

我慢した結果に意味を見い出すことができればよいでしょうが、

我慢の結果の意味を見いだせていない人も世の中多くないですか?

 

転職することで我慢を続けてきた意味を失うことが怖いんだと思います。

 

本で読みましたが人は死ぬ間際に

「やらなくて良かった」と満足を言う人よりも、圧倒的に、

「あれをしておけば良かった」とやらなかったことを嘆く人が多いそうです。

 

動いて後悔と動かず後悔と、

同じ後悔するなら動いて後悔する方が経験として次に残るので、

自分はそちらの方が良いのです。

 

まぁ自身が30付近の年代ですので、

まだまだ浅はかな意見なのかも知れませんが。 

 

生え抜き社員で年齢が30歳を超えている

 

やはり長く勤めると、人はプライドが出てくる生き物なんですね。

特に男性は30付近でこの傾向がすさまじく顕著に出てくる。

気づけば30歳を超えていた。続けきた、がんばった。

ここに帰属意識とプライドが絶対出てくるのだと思います。

 

この年代は働き盛りでもあり仕事の幅も決まりつつある状態、

何か違うことしたくてもプライドが邪魔してしまって、

何も一歩踏み出せない人が多いのだと思います。

 

そして今のその会社でのプライドを捨てきれず、

転職を選ぶよりもフリーランスや起業に安易にはしり、

失敗する人もいるようですね。

もちろん何もしないよりは動いた方が良いと思います。

 

妻帯者で子育てやローンで動けない

 

これは当然様々な事情やタイミングなどもあるでしょうし、

総合的に判断した結果が転職しないという決断であれば良いと思います。

自分だけの問題ではありませんので。

 

これを私は素晴らしい決断だと思いますし尊敬しています。

覚悟ができている訳ですから。

 

そう言う人でもなぜ転職する人に批判否定的なんでしょうか?

 

大体そう言う人は、何かしらの不満も溜まっていて、

動けない状況があることを家族のせいにしていると思います。

家族のために自分が被害者意識を持ってしまっている。

そうすることで自己肯定感を保っている人。

転職したいのに家族にロクに相談もせずに、我慢しかしない人。

好きなように動いている人が羨ましく思うのでしょう。

 

妻帯者のローン持ちの方だからこと、

家族を豊かにする為に転職して年収を上げに来る人も数多くいましたよ。

スキルを磨いて転職してこられた優秀な方も、

私は仕事でご一緒して見てきました。

 

しかし、これらは難しい問題ですね。

まだ独身なのでなんともいい難いですね。

 

プライドが高い

 

これは上と同じです。難しい問題ですけど、

ある程度リーダーなど運営側を経験すると、

運営する楽しさを覚えてしまい、

運営される側、使われる側になることがストレスとなります。

私も運営側からプレイヤーに転職した時は苦労しました。

それでも年収は維持でき上がる訳です。

 

このようにですね、

その会社のチームを持つ人でも、

他社の下っ端と給料が変わらない、低いこともあります。

環境や地位プライドをとるか、お金をとるか。

  

続けた方が年収が上がると思っている

 

これが一番多いでしょうか。

その会社での長期的な視点を持っているのだと思います。

長期的にみて長く続けるだけで、

1000万プレイヤーに100%なれるのであれば、

見返りはありますよね。そんな会社今は皆無でしょう。

 

しかし、年功序列の人事給与体制が前提にある企業だとしても、

若い頃は給料を安く抑えらている状態で、

本当に今までどおりの人事給与体制で企業は存続できるのでしょうか?

今後の激動な時代に給料あがることを指を加えて待っていられますかね?

 

CMではあの世界のトヨタが、

トヨタは自動車メーカーを辞めました」

とまでいう時代ですよ。

 

恐ろしいスピードで価値観が変わってきている時代に、

そんな呑気な考え方は私はできませんでした。

 

ざっと見積もっても会社員が同じ

会社で1年で昇給できる額は微々たるものでよね。

残業代以外で稼げない。

 

上がったとしても年収で20〜50万程度ではないでしょうか?

実際はもっと少ないかと思いますが。

 

転職であれば十二分に叶えられる額面ですよね。

若いうちに年収をあげて守りに入る方が良いという自分の戦略的に転職を繰り返した訳です。

 

飛び抜けて高いとは言いませんが、

年平均よりかは多いかくらいでしょう。

 

 

さいごに

 

少々批判気味に書いた記事でしたが、

いかがでしたでしょうか。

 

読んでいただいてわかるように、

転職批判に私も相当な反骨心をもっています。

明確な理由があるのになぜ批判されないといけないのか。

 

業界職種によりますし、

人それぞれの価値観だとは思います。

 

私の業界がIT業界ですので、

転職は当たり前、転職して給料を上げていく。

海外のジョブホッパー的な文化なのです。

 

別世界の人ですがIT以外ではこのような猛者もいます。

twitter.com

 

 

結論としてはいいたいことは以下です。 

 

本気で転職したいなら自分から勝手に行動します

  

転職しようがしまいが、

自己責任で自分でなんとかするものだと思います。

納得できればいいのではないでしょうか。

 

ここの腹がくくれている人は、

さっさと行動しています。

 

悩むなら失敗した時の後悔の念ができるので、

転職しないのも一つの手段です。

 

ただ何もしないまでも転職活動だけをするのも良いと思います。

 

人の意見よりも自分の意志を最優先する

 

 

転職したことが無かったり、

転職に失敗し成功したことが無い人に限って

このような転職に批判否定的な人が多いと思います。

 

きっと、

挑戦する意欲も失ってしまったのでしょうね。

 

そこに流されないように、

転職したい理由を明確にして、

転職で解決できるかどうかに視点をおきましょう。

 

あなたにとって、

動かなくて後悔することと動いて後悔することと

悔いが残らないのはどちらですか? 

 

そもそも相談相手を間違えていないか??

 

今までの信頼できる友人や家族に相談しても

転職に反対する人が多いのでは無いでしょうか??

 

それは今までのあなたを知っていて

今までのあなたの先入観が入っています。

 

そして、そう言う人たちは、

 

今までのあなたと同じ価値観で、

今までと同じような関係性でいてほしいからです。

 

何かを変えたい、解決する為に転職したんですよね??

前に進みたいのに、

昔の今までの自分を知っている人に相談する意味は無い。

同じ価値観に洗脳されるだけ。 

それは今までのあなたと価値観と同じだから今まで関係性が続いていただけの話ですよ。

なりたい自分像や環境にいる人や、

そのような人をよく知る人、近い位置にいる人にん聞くことが一番良いです。

 

もっとも簡単な方法は、 

転職エージェントを利用してみましょう。

www.yuralist.com

www.yuralist.com

 

 

 

 

以上、

長々と書きましたが、

この記事が特に転職を繰り返して悩んでいる人の、

気休めになれば嬉しいです。

 

読んでいただきありがとうございます。

 

よかったらツイッターフォローしてください。

twitter.com

 

 

文字4800